看護師というお仕事の一日の流れ

看護師というお仕事の一日の流れ

 

 

看護師は非常に大変な仕事であると世間一般的には考えられています。

 

 

 

総合病院の病棟看護師っがあわただしく行き来している姿を見かけるひとも多いでしょう。
看護師のお仕事の一日の流れはどのようになっているのでしょうか。

 

 

 

一般的な日勤の看護師の場合、朝の業務はカンファレンス(申し送り)から始まります。
前日夜勤担当の看護師から患者の状態などを詳細に聞き取り、引き継ぎを確実に行います。

 

 

 

その後、患者のバイタルサインの計測や入浴介助などの業務に移っていきます。

 

 

 

自分で食事をとれない患者に対する食事介助や、
点滴、採血補助、ナースコールへの対応などをこなしていきます。

 

 

 

看護師の業務は非常に多く、また突如の事態にも対応しなければなりません。

 

 

夕方6時頃になると、夜勤担当への申し送りを行い、
患者のカルテへの記載・管理を行い業務終了となります。

 

 

 

 

 

しかし定時に業務終了できることは少なく、
時間におされて残業をしなければいけないケースが多くあります。

 

 

 

 

忙しい場合には夜の8時頃までの勤務も珍しくありません。

 

 

 

 

看護師としての地位が上がり、管理職になるとさらに業務内容が増えてくることになります。
通常の業務に合わせて、他の看護師への教育やシフト管理などが重要な仕事になってきます。

 

 

 

しっかりとこなしていなければ、病院経営にも支障をきたす結果にもなりかねません。

 

 

看護師の仕事は、まさに時間におされているものといえます。
しかしながら、患者は看護師の笑顔に救われる面が大きいものです。

 

 

 

忙しい時でも、笑顔を絶やさずに業務を行って、
患者に愛される看護師に成りたいものですよね。

 

他の評判の良い看護師求人サイトから選びたい方はこちら

ナース人材バンク
年間に転職する看護師約15万人のうち10万人以上の看護師がナース人材バンクに登録しているのです!他の会社ではなかなか載っていない詳細な求人情報のご紹介が可能です。





ナースではたらこ
ナースではたらこの特徴は、業界最大級の転職サイトで、全国90,000件の求人があります。それでも気にいらなければ、担当者が看護師を病院へ逆指名をしてくれます。



看護のお仕事

看護のお仕事の特徴は、サポート力の高さにあるでしょう。口コミ・評判などでも高い評価をされています。そして、転職カウンセリングということも実施し、転職にいろいろな迷いがある人には、頭で整理ができたり、自分の中で気づきが得られ、どうすべきかはっきりするなど。